巻き爪(陥入爪)の治療について

  • ホーム > 
  • 巻き爪(陥入爪)の治療について

 

巻き爪・陥入爪の治療・手術について

巻き爪・陥入爪とは

巻き爪・陥入爪の治療・手術爪が横方向に曲がってはえている状態。皮膚を巻き込み爪が食い込んで炎症を起こしている状態を陥入爪(かんにゅうそう)と呼びます。陥入爪になると出血したり、膿瘍(膿がたまる)を併発する場合があります。痛みを伴い治療が必要となります。

巻き爪・陥入爪の原因として

深爪したり、靴(サイズが合わない、ハイヒール)のサイズがあっておらず、指先に負担がかかり発症するケースが多いと言われておりますが、具体的な原因は明確になっておりません。

巻き爪・陥入爪の治療方法として

巻き爪・陥入爪の治療方法治療方法には、ワイヤーを使った爪の矯正を行う方法がありますが、治療期間が長くかかる事と再発する可能性が高いのです。当院では、症状が軽い場合は保存的療法(抗生剤の内服)で炎症を抑えるようにします。ただ、爪の生え方の問題が残っているので再発する場合もあります。症状が悪化してきた場合は、小手術(外来手術)を行っております。手術方法は、足に麻酔をして、駆血(くけつ:血を止める)し、原因となっている爪の端の爪母(そうぼ)までを切り抜いて、膿瘍などをきれいに切除します。手術は約10分程度で終わります。問題となる爪が生えてこなくなるので、陥入爪による再発はありません。

手術後の痛みについて

抗生剤と痛み止め処方いたします。ほとんどの患者様は、痛み止めの内服1度くらいで痛みは問題ないとお聞きしております。

通院について

手術後、1日~3日以内に再来いただきます。傷跡を見せていただき、1週間、2週間、1ヶ月と来院いただきます。その後は、症状を診て患者様と相談して適時来院となります。
※陥入爪による再発はありませんが、膿瘍(膿がたまった)ができていた箇所は清潔にしないと膿瘍が再発する可能性があるので注意が必要です。

治療費について

巻き爪・陥入爪の手術は健康保険の適応となります。
3割負担で約6,000円~8,000円 となります。

粉瘤(アテローム)・脂肪腫の治療・手術について

粉瘤とは

粉瘤(アテローム)の治療・手術粉瘤は、アテロームとも呼ばれ、皮膚にできる良性腫瘍の一種です。皮膚の下部に嚢胞(のうほう)という袋状の病変ができ、そこに古い角質や皮脂が溜まった状態です。粉瘤は、夏場に多く、背中やお尻、指先、耳、首など体のどこにでもできます。
放っておいてもなかなか治らず、自分で潰して治そうとすると、炎症と感染を繰り返し、だんだんと大きくなってしまう事もあります。大きさは、3cmくらいから20cm以上に及ぶこともあります。また、痛みも伴います。できるだけ早く的確な治療を受けることをお勧めいたします。

 

脂肪腫とは

皮膚にできる脂肪組織からなる良性の腫瘍です。皮下脂肪と同じ黄色い色をしています。発症しやすい場所としては、背中、肩周辺、お尻周辺に良くみられます。場合によってはたくさんの脂肪腫が発生することがあります。なるべく早く治療するようにしましょう。

 

粉瘤(アテローム)・脂肪腫の治療方法として

粉瘤(アテローム)の治療・手術粉瘤・脂肪腫が小さい場合は、局所麻酔で皮膚切開術という外来手術を行います。できるだけ傷口を小さくするために、粉瘤を切開して膿をだして、丁寧に嚢胞(袋状)を取り除きます。
粉瘤が大きくなると、切開排膿し、機械を使って粉瘤内部の嚢胞の壁を掻爬(そうは:除去する)します。治療後は再度膿(うみ)が溜まらないように清潔にする必要があります。

 

手術後の痛みについて

抗生剤と痛み止め処方いたします。手術後の痛みはほとんど薬でコントロールできます。

通院について

手術後、1日~3日以内に再来いただきます。その後1週間後、傷口を確認して問題なければ終了です。ただ、粉瘤が大きい場合は、状況によって経過観察が必要になります。また、ご自宅で傷口を清潔に保ってもらうように洗っていただく必要があります。

治療費について

粉瘤(アテローム)・脂肪腫の手術は健康保険の適応となります。
治療費は、粉瘤・脂肪腫の大きさ・手術方法・治療箇所によって異なります。
3割負担 約4,000円~10,000円 です。

  • 診療予約
  • 手術スケジュール
  • 診療予約
  • 手術スケジュール
お電話はこちら 022-346-0630